ワキガ手術って痛い?痛くない!?

ワキガ手術を受ける際に、痛いのか痛くないのか?ということは非常に重要ですよね。
そこで、ワキガ手術の痛みは本当のところどうなのかについて調べました。

 

ワキガ手術を受ける際は、ほとんどのケースで麻酔をするため痛みは少ないようです。
ただ、麻酔をする時の痛みはあるので、麻酔の痛みについて紹介していきます。

 

 

ワキガ手術は部分麻酔

 

ワキガ手術で使われる麻酔は、脇だけに麻酔をおこなう部分麻酔が一般的です。
手術の種類にもよりますが、約2〜4箇所に分けて部分麻酔を行うようです。

 

痛みの強さは、通常の注射と同じ程度の痛みであり我慢できない痛みではありません。
ただ、脇という普段は注射をしない場所のために痛みが強いのでは?と不安になっている人が多いようです。

 

 

手術の途中で麻酔が切れることってないの?

 

手術中は麻酔が効いているため、切除している時の痛みはありません。
また、手術の途中で麻酔が切れるということもほとんどありません。

 

万が一途中で痛みを感じてきたという場合は、医師に伝えることで麻酔を追加してもらうこともできるようです。

 

 

ワキガ手術後の痛みはある?

 

ワキガ手術中の痛みはないようですが、術後の経過途中で痛みを訴える人は多くいます。
特に、手術後の2〜3日が痛みのピークのようです。

 

痛み止めの薬も処方されるようですが、我慢できる程度の痛みという人から、我慢できないほどの激痛という人までさまざまで、個人差があるといえるでしょう。

 

 

抜糸の痛みはあるの?

 

切るタイプの手術を受けた場合は、縫合した箇所の抜糸があります。
抜糸はワキガ手術を受けた後から約1週間後に行われることが多いですが、抜糸をする際は少し痛みがあるようです。

 

また、傷口を覆っていたガーゼなどをはがす際にも、傷口にひっついていることがあり剥がす時の痛みが発生することもあります。

 

 

痛みに不安がある人は手術以外の方法から試そう!

 

このように、ワキガの手術には手術だけではなくその後の経過でも痛みが発生することがわかりました。
痛すぎて我慢できない!ということは少ないものの、手術から少なくとも1週間程度は術後の痛みが発生するため、痛みに弱いという人はまずは別の方法を試してみることをおすすめします。

 

根本的な治療ではありませんが、デオドラント剤やワキガ対策用クリームはわきがの臭いを軽減することができるのでおすすめです。
肌に優しく、消臭効果や持続性が高いと口コミで評判のデオドラント剤もありますので、一度試してみるといいでしょう。

 

ワキガ対策におすすめのデオドランドクリームを比較してみた