わきが手術をするにあたって、メリットとデメリットをご紹介!

わきがの手術を受けるべきかどうか迷っている人のために、わきが手術のメリットとデメリットをまとめました。

 

もし、わきが手術を検討されている場合にはメリットとデメリットをしっかりと理解した上で決めるようにしましょう。
ワキガ対策には手術以外にも対策はありますので、選択しの1つとして考えると良いかもしれませんね。

 

 

わきが手術のメリット

 

わきが手術のメリットは、なんといってもわきがを根本的に治療できるということです。
わきがの原因となる汗を分泌しているアポクリン汗腺自体を摘出してしまうため、高い効果を期待することができます。

 

さらに、摘出してしまうため半永久的に効果が持続するというのもメリットのひとつです。
デオドラント剤やわきが対策用クリームを毎日使うのが面倒だという人や、どんなに色々な対策をしても効果がなかったという人にはおすすめです。

 

 

わきが手術のデメリット

 

根本的な治療ができるという反面、実はデメリットの方が多く存在します。

 

アポクリン汗腺が再発する可能性もある

 

手術を受ける時点で存在しているアポクリン汗腺は全て摘出するので、しばらくの間はわきが臭から解放されますが、数年のうちにアポクリン汗腺が活性化されてわきがが再発することがあります。
これは、新しくアポクリン汗腺ができるというよりも、今まで活性化しておらず眠っていたアポクリン汗腺が働くようになったという言い方の方が正しいようです。

 

そのため、再びわきがになってしまうという可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

 

傷跡が残る

 

切るタイプの手術を受けた際は、傷跡が大きく残ることもあります。
また、最悪の場合皮膚が壊死を起こして後遺症を残してしまうケースもあるようです。

 

さらに、ビューホットや電気凝固法などのメスを使わない方法でも、やけどをしたり治療でつかった針の跡が傷跡として残ってしまうケースもあります。
メスを使わないからといって必ずしも傷跡が残らないというわけではないため、手術を受けるまえにしっかりと術後の経過などの説明を聞いておくことが大切です。

 

痛みがある

 

麻酔をつかって治療が行われることがほとんどですので、手術中の痛みはほとんどありません。
ただ、切るタイプの手術を受けた場合は麻酔が切れた後に痛みが起こるケースが多いようです。

 

痛みによって、腕が動かせずに仕事を休んだり、日常動作ができないということもあるのでダウンタイムの時間も確認しておくことが重要です。

 

費用がかかる

 

手術の場合は、ほとんどが自由診療ですので安くても3万円、高いものだと35万前後の費用が発生します。
さらに、切らないタイプの手術では効果が数年程度しか持続しないものもあるので、費用対効果を考えると非常に高い出費になってしまいます。

 

さらに、半永久的にわきがが解決できる治療法でもまれに再発してしまうケースもあるため、よく考えてから治療法を選択することをおすすめします。

 

 

手術以外の方法でわきが対策を考えてみよう

 

このように、わきが手術には意外にも多くのデメリットや副作用があります。
もし、わきが対策としてすぐに手術をしようと考えているのであれば、あまりおすすめしません。

 

最近は、効果の高いわきが対策用クリームやデオドランド剤があるので、試してみてから考えることをおすすめします。

 

特におすすめなのは、細菌の繁殖を抑えるイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-フェノール)が配合されているものです。
イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-フェノール)は、ニキビ用化粧品などの主成分としても配合されているものですので、高い殺菌効果が期待できます。

 

このようなものを色々と試してみてから、最終的な判断として手術を検討するようにしましょう。

 

デオドランドクリームの選び方はこちら