脱毛をするとワキガ臭が減少するって本当?嘘?

脱毛をするとワキガの臭いが減少するというのは本当でしょうか?
ここでは、脱毛とワキガ臭についてまとめてみました。

 

永久脱毛でワキガの臭いが減るというのは本当のようです。
その理由は、雑菌の繁殖を抑えることができるから。

 

アポクリン汗腺から分泌された汗は、そのままで臭うことはありませんが汗に細菌が繁殖すると強い臭いを発することになります。
脱毛で毛根を死滅させることは、毛周囲に繁殖していた細菌を減らすことに繋がるため、臭いが減少するのです。

 

ただ、100%臭いがなくなる訳ではありません。
細菌の繁殖を抑える作用はありますが、アポクリン汗腺の数が減るわけではないため、汗をそのまま放置しておくと臭い発生の原因となってしまいます。

 

永久脱毛をした後も、汗を抑える作用+細菌の繁殖を抑える作用のあるデオドラント剤を使ってケアしていくことが大切です。

 

 

脱毛後にワキガ臭が強くなった気がするのはなぜ?

 

中には、永久脱毛をした後にワキガの臭いが強くなったと感じる人もいるようです。
この場合は、脱毛後のケアが関係していると考えられます。

 

脱毛をした後は、毛はなくなりますが毛穴がなくなる訳ではありません。
また、汗は常に分泌されていますから、毛穴のケアを怠ると毛穴詰まりの原因になります。

 

毛穴の詰まりは、皮脂や老廃物が溜まることが原因であり、細菌が繁殖しやすい環境です。
その結果、脱毛をしたにも関わらず細菌が溜まり、臭いを発生させてしまうのです。

 

永久脱毛はワキガの治療ではなくあくまでもワキガ対策の一つの方法です。
ワキガの臭いをなくしたいというのであれば、デオドランド剤などを併用してケアを続けていくことが重要なのです。

 

 

脱毛後に汗をかきやすくなる理由

 

全ての人に当てはまるわけではありませんが、脱毛後に汗をかきやすくなったと感じている人も多いようです。

 

これは、脱毛の処置によって汗腺が刺激されて一時的に活発的になっているからだと言われています。
この場合は、アポクリン汗腺からの汗よりもエクリン汗腺から出る通常の汗の分泌が増えることが多いようですが、アポクリン汗腺も刺激されて活性化するケースもあります。

 

ただ、この汗腺の活性化は一時的なことが多いようですので、気にしすぎないようにすることも大切です。
気にしすぎてしまうと、今度は「精神性発汗」といい不安やストレスが引き金となって汗の分泌量が増えてしまいます。

 

永久脱毛は、ワキガの臭いを減らす効果が十分に期待できますが、ケアをしなくてもよくなるという訳ではありません。
他の方法と組み合わせると、より高い効果を持続させることができるので、しっかりと毛穴ケア、ワキガ対策は続けていきましょう。