ワキガ手術とワキガクリームの違いについて!

 

ワキガに悩んでいる時に対策として考えるのが、
ワキガ手術とワキガクリームではないでしょうか!?

 

  • どっちの方が効果があるんだろう?
  • 手術とクリームの違いって何なんだろう?

 

そんな風に感じると思います。

 

まず結論から言いますと、

 

「完治させるのか?臭いを抑えるのか?の違い」です。

 

 

これだけでは良く分からないと思うので、
それぞれについて詳しくご紹介していきますね^^

 

 

完治させたい場合はワキガ手術!でもリスクもある!

 

ワキガを完治させたいと思っている場合には、
脇を切開して行う手術をするという選択になります。

 

ただ、実は手術にはリスクもあります。

 

この手術の目的は脇部分にある、
アポクリン腺という汗腺を全て取り除くコトです。

 

なんですが・・・

 

完全に取り除くコトが出来なければ、
アポクリン腺が少し残ってしまうコトになります。

 

少しでも脇部分に残っている状態だと、
アポクリン腺は再発してきてワキガが復活します><

 

なので医師の技術によるものが大きいんですね。

 

ワキガって手術しても再発するの?完治する!?

 

 

あとデメリットで言うと傷跡でしょうか。

 

効果は一番期待できる方法ではありますが、
やはりデメリットを考えてから選ぶべきだと感じます。

 

 

 

ワキガ臭を抑えるならワキガクリーム!

 

ワキガクリームはワキガ手術とは違い、
脇の嫌な臭いを抑えるだけで完治はしません。

 

脇部分にクリームを塗るコトで、
有効成分が汗を抑え臭いの元になる細菌を殺菌します。

 

そもそもワキガの臭いが発生する原因は、
アポクリン腺の汗が細菌に分解されるコトで臭うと言われてます。

 

なので、制汗成分と殺菌成分が配合されている、
ワキガクリームを使うことでニオイを抑えるというコトですね^^

 

デメリットを先に言いますと、
誰にでも効果があるという訳ではないです。

 

ここは使ってみなければわかりません^^;

 

ただ脇を切開することもないので、
傷跡が残らないという面では大きなメリットと言えます。

 

 

まとめ

 

ワキガ手術
  • 完治をしたい人向け
  • 再発する可能性もある
  • 傷跡が残るデメリットがある
ワキガクリーム
  • 臭いを抑えるが完治はしない
  • 傷跡など出来ず手軽に使える
  • 誰にでも効果がある訳ではない

 

以上が、ワキガ手術とワキガクリームの違いになります。

 

どちらの対策をするのかは自分の判断ですが、
私の考えとしてはクリームを使ってダメなら手術の順番で良いと思います^^