アポクリン腺の数と毛深さの関係は?

「わきがの人は毛深い人が多い」ということを聞いたことがある人もいると思います。
実際にわきがと毛深さにはどんな関係があるのでしょうか?

 

まずアポクリン腺は、わきがの臭いの元となる分泌液を出す腺のことです。
そしてアポクリン腺は毛穴とつながっています。

 

そのため、「毛深い=毛穴が多い人」は必然的にアポクリン腺も多いということになります。
しかし、毛深い人が必ずわきがになるという訳ではありません。

 

ただ、臭いが強くなるという要素は毛が薄い人よりも持っているということになります。

 

 

毛深い人の臭いが強くなる原因

 

わきがの人は他の人に比べてアポクリン腺が多いのが特徴ですが、それ自体が臭いの原因ではありません。
わきがの臭いは、アポクリン腺からでた汗にバクテリウムなどの細菌が繁殖することで発生します。

 

毛が多い場合は、より細菌が繁殖しやすい環境になってしまうため臭いが強くなってしまうのです。

 

 

わきが+毛深い人におすすめの対策法

 

毛の量が多いと細菌が繁殖しやすいうえに、汗をかいた時に乾燥しにくく湿ったままになってしまいます。
その結果、さらに細菌が繁殖して強い臭いを発生させるという悪循環に陥ってしまうのです。

 

しかも、強烈なわきがの臭いが発生した後に汗を拭き取ったとしてもなかなか臭いが消えてはくれません。

 

そこでおすすめなのが脱毛・除毛です。
毛をなくしてしまうことで、細菌が繁殖しやすい環境を避けることができます。

 

さらに、毛がないことでわきが対策用のクリームなども塗りやすくなるというメリットもあります。

 

ワキガクリームに違いはない?選ぶポイントとオススメクリームはコチラ

 

 

脇毛で分かる!わきがになりやすいタイプをチェック

 

毛深いといっても、男性と女性ではわきがになりやすいタイプは違うようです。
そこで、脇毛で分かるわきがになりやすい毛のタイプを紹介します。

 

女性の場合

毛根が太く、毛自体が太いタイプの脇毛
ひとつの毛穴から1本ではなく数本映えているタイプの脇毛

 

男性の場合

細くて柔らかい毛のタイプ!
女性の場合は、いわゆる剛毛と呼ばれるタイプが多いのに反して、男性は猫毛のように細く柔らかい毛のタイプが多いようです。

 

いずれの場合も、細菌が繁殖しやすいので臭いの原因になる毛は脱毛などで毛を無くしておくことをおすすめします。
また、乳輪の周りに毛が生えているタイプもわきがになりやすい人のようです。

 

当てはまっている人で、体臭が気になっていたという人はわきがが原因の可能性が高いのでわきが対策などを試してみるようにしましょう。